プール開き

2年ぶりに水泳の授業がはじまりました。お世話になるグリーンオアシスの方々と感染対策を確認しました。子どもたちには出発前に、行き帰りのマスク着用やプール前の検温、マスクを外すプールでは声を出さないことを守るように説明しました。

更衣のすんだ人から玄関で、検温をします。シャーワーも声が出そうになりましたが、がまんして黙って浴びることができました。

3年生は始めに、小プールで水ならしをしました。先生はカモノハシのような水泳用のマスクを着けて指導しています。プールサイドは2mずつコーンを置いて間隔をあけて入りました。あと3回、約束をしっかり守って泳力を高めます。

授業参観

新しい学年となって2か月半が、たちました。子どもたちが、それぞれの学習に一生懸命取り組んでいる様子を観ていただきました。

4年生は、都道府県について学習しました。クロームブックを使って調べています。

3年生は、ローマ字の学習をしました。読んだり書いたりしています。

教育公演会

 シンガーソングライターの小西達也さんをお招きし、教育公演会を行いました。「みんなにたのみたいことがある ~歌とお話の会 ~」と題して、歌やお話を聞きました。やさしさについて子どもたちや職員、保護者と一緒に考える時間となりました。やさしい歌声、やさしいメロディー、心に染み入るお話で、あっという間に1時間が過ぎてしまいました。

とても穏やかな話し方、透き通る歌声にみんな聞き入りました。やさしい気持ちになることができる1時間でした。

やさしさのスタートは、身近にいる人のことを「元気かな?」「大丈夫かな?」と思う気持ち。その気持ちを、どんどん広げていきたいね。

運動会を盛り上げよう。

6月21日(月)に第2回代表委員会を開きました。「運動会を盛り上げよう。」という議題のもと、今回はスローガンを決める話し合いでした。各クラスから持ち寄った案について全校生が意見を出し合いました。

各クラスから出された案が黒板に貼られていきます。その一つ一つについて、自分の考えを伝えます。

低学年の子も高学年の子も一人一人が自分の意見をしっかり話しています。黒板は出てきた意見の短冊でいっぱい。みんなの思いが集まったスローガンが楽しみです。そのスローガンのもと、素晴らしい運動会になること間違いなしですね。

福島のひまわりを植えました

2,3年生学級の学級目標は、「にこにこサンフラワー」。長谷小の小さなひまわりさんたちが、福島のひまわりを植えました。

                                  

ポットに種をまき、水やりしながら苗まで大きくなったので、いよいよプランターに植えました。「折ったらあかんで!」と、茎がポキンとならないように声掛けしながら植えました。バックネット裏と運動場南側で大きな花が咲きます。ご期待ください(‘ω’)ノ

クラブ活動

今年度は2つのクラブが出来ました。5年生が中心となって自分たちで活動内容を考えながら取り組んでいます。

YQ(ワイワイ球技)クラブは6月はケイドロとドッジビーをしました。楽しそうに体を動かしています。

わくわくまんがクラブは、地域のおじいさん、おばあさんとぬり絵を通じて交流をしています。(原画を児童が描き、おじいさん、おばあさんが色塗りをされています)

福祉体験

誰もが参加できるスポーツ、「風船バレーボール」を体験しました。

誰でも参加しやすいように工夫されたスポーツである「ニュースポーツ」や、その一つである「風船バレーボール」についての説明を受けた後、鈴の入った直径80㎝くらいの風船で、パスの練習をしました。

チーム6人全員が一度はボールを触った後、10回以内に相手コートにボールを返すなどのルールで試合を行いました。車いすに乗った人も一緒にプレーするという試合も体験しました。どのなかよし班も、ルールに気をつけながら声をかけあって、ボールを相手コートに返そうとしていました。風船バレーボールを通して、誰もが楽しむための工夫について知ることができました。

4,5年 歯みがき指導

4,5年生に歯磨き指導をおこないました。よごれが残っている部分を確認しました。その後きれいになった歯で2種類のおやつの食べ比べをしました。1つ目は「チョコクッキー」2つ目は「するめ」です。果たして、結果は・・・?

おいしいクッキーを食べると、歯にべっとりついて「お歯黒」状態になりました。次にするめを3分かみ続けて食べ終わると、黒い歯がすっかり白くなりびっくりしました。

ホタルの話

地元の「ほたる祭り」が中止になり、校長先生がホタルのお話をしてくださいました。

「ホタル」を題材にした、わらべ歌を2曲、低学年と高学年に分かれてマスクをして歌いました。

コロナ渦で大声で笑うことも、歌うことも制限された中で、二つの歌がぴたっと合わさってきれいなハーモニーになりました。ホタルが幻想的に舞う姿が想像され、心地よい雰囲気に包まれました。